リップル(XRP)祭り継続か

仮想通貨リップル(本社サンフランシスコ)が24時間で50%近く上昇し、現在2.2ドル付近で推移している。時価総額も10兆円に迫り、イーサリアムを抜いてビットコインの後につけた。

先週木曜日(21日)に1ドルを突破してから一週間でさらに急騰。22日には下落していたが同日再び上昇に転じ57%高騰した。1.5ドルを抜けてから更なる上昇を続けていた。

これにより、リップルの時価総額は9.6兆円となり、タクシー配車サービスのUberの時価総額を超えた。12月以前、リップルは0.2ドル付近で推移していた。

2013年に作られた仮想通貨であるリップルの今年に入ってのリターンはビットコインを凌駕している。

リップル社の株主には英スタンダードチャータード銀行や米ITコンサルティング大手アクセンチュア、そしてSBIホールディングス等が名を連ねており、金融大手から大きな期待を寄せられている。

参考:jp.cointelegraph.com/news/ripple-breaks-2-and-keeps-pushing-in-week-long-bull-run