2019年、インバウンド注目銘柄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2018年、初めて年間3000万人を突破したインバウンド(訪日外国人観光客)は、今年も注目テーマです。しかし、その中身は変化しそうで、海外での「代理購入(代購)」に対する中国の規制強化がインバウンド消費に逆風となることで、株の銘柄選びにより気を配る必要が出てくるでしょう。

中国では今年1月に、すべてのEC(=Eコマース、電子商取引)業者に登記と納税を求める電子商取引法が施行されました。同法は、訪日して転売目的で化粧品などの日本製品を買いあさる代購も対象。違反者には多額の罰金が科せられるため、いわゆる「爆買い」に急ブレーキがかかるのではないかと懸念されています。

ドラッグストアや百貨店におけるインバウンドの客単価は低下するとみられ、従来のような売上の押し上げ要因にはならない可能性があります。一方で、インバウンドの数は今後も拡大が期待され、政府は東京五輪を開催する2020年の目標に年間4000万人を掲げています。「点」ではなく「面」で需要を取り込む戦略が、重要性を増すでしょう。

そうした中、体験を買う「コト消費」の比重は一段と高まりそうです。受け皿としては旅行やホテル、イベント、交通などが有力とみられます。

注目銘柄筆頭はクルーズ船予約サイトのベストワンドットコム。徹底したネット活用によるリーズナブルな料金と品ぞろえで他社を圧倒する同社は、サイトの多言語化を通じて外国人客の獲得にも力を入れています。伸び代は大きく、高い売上成長にさらに弾みが付きそうです。

インバウンド有力20銘柄をリストします。

サンエー
三重交通HD
TKP
エコナクHD
メディア
オープンドア
ソースネクス
EAJ
ベストワン
JR東日本
近鉄GHD
名鉄
大和自交
ビジョン
ファイバーG
HIS
よみランド
都競馬
藤田観
白洋舎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。